BLOG

ブログ

ターゲットとペルソナの違いと成果を出すための使い方

ターゲットやペルソナとは主にマーケティングで使用される用語ですが、この2つは大まかには同じような意味を持つ単語ですが、定義は異なります。 実際にターゲットとペルソナを同義語として使っている人も多いですが、インターネットにおけるマーケティングを徹底して行いたいならば2つの単語の細かな違いを意識しておくべきです。
本記事ではターゲットやペルソナの最適な使い方について掘り下げていくので、ぜひ参考にしてください。

目次

  1. ターゲットやペルソナを設定する意味
  2. ターゲットとペルソナの違い
  3. ターゲットの最適な使い方
  4. ペルソナの最適な使い方
  5. まとめ

ターゲットやペルソナを設定する意味

Webサイトやサービスを作るときにコンセプトを決める必要がありますが、その際に重要なのがターゲットやペルソナです。
なぜ重要かというと、ターゲットやペルソナを決めずに闇雲にプロジェクトを走らせても本当に伝えたいメッセージが薄れ、結果的に誰に対しても響かないものになってしまうからです。
つまり選択と集中を行うためにターゲットやペルソナが必要なわけです。
複数人でこれらを共有しておくことで、コンテンツを制作する際に統一感が生まれるので特定のユーザーの心を動かしやくなります。
ペルソナやターゲットを決めるだけで、副次的な効果も大きく、様々な施策へ応用できるのでぜひ有効にご活用ください。

ターゲットとペルソナの違い

使い分けについてお話しする前にターゲットとペルソナの違いについて触れておきます。
マーケティングの世界では「ターゲティング」というように明確にターゲットを設定する手法が用いられますが、このターゲットとは想定される顧客層を指します。
10代後半〜30代前半の女性などおおまかなセグメントで決められるものです。
ターゲット設定を行うことでユーザーの特性を踏まえた戦略を取れますが、現代は消費者のニーズが多様化し、顧客となる人を具体的に絞り込むことは難しいです。
そこで登場するのがペルソナです。
年齢や性別、年収などわかりやすい部分以外の言葉では定義しづらいところまで明確化したものがペルソナですが、少し噛み砕いてお伝えするとターゲットに人格を与えたものです。
趣味や価値観といったパーソナルな要素が入ることで、より具体的なユーザー像を明らかにすることが目的です。
両者の違いを理解しておくと戦略を考える際に混乱せずに済むので、はじめにクリアにしておきましょう。

ターゲットの最適な使い方

市場が成熟し、ペルソナの重要性がもてはやされてきましたが、その前段階としてターゲット設定が重要になります。
プロジェクトにもよりますが、設定されるペルソナは決して1人とは限りません。
30代〜50代の男性をターゲットとした場合、30代の前半のペルソナと50代後半のペルソナでは生活環境や趣味・嗜好が大きく異なることは容易に想像できるでしょう。
つまり複数のペルソナを設定する際にターゲット設定が有効に機能するわけです。
また、ある程度ターゲットを決めていないと販路になり得ない層まで考慮することになるので、実際のニーズとかけ離れたペルソナが設定される危険があります。
以上のような事態を防ぐためにもターゲット設定は必ず行いましょう。

ペルソナの最適な使い方

設定したターゲットをもとにペルソナを設定します。
多くの場合ペルソナをしっかりと作り込んでから実際の施策を行います。
Webサイトや多くの販促物はペルソナが明確であればあるほど、大きな効果を生みます。
SNS経由で買い物をしたことがある人はご理解いただけるでしょうが、インターネットで物やサービスが売れる要因として”共感”があります。
共感を生むためには対象となるペルソナがどんな特徴を持っているか把握する必要があります。
具体的な設定方法については触れませんが、最初のうちは時間がかかっても問題ないので然るべきプロセスを経てペルソナを作りましょう。
時代とともにユーザーの趣味趣向はどんどん変わります。
日々のデータから分析を行うなど、情報を収拾しながらペルソナが商品やサービスにマッチしているかどうかは定期的にチェックしましょう。

まとめ

ターゲットやペルソナ設定の概要について解説しましたが、設定方法にこれといった正解はありません。
企業やプロジェクトごとに対象となるターゲットやペルソナが異なることはもちろん、新規か既存かでも取るべき戦略は異なるので、状況に応じて試行錯誤すべきでしょう。
とはいえ、個々に合わせて対応を変えることができるリアルな世界とは異なり、インターネットではがっちりと固めた特定のペルソナに対してメッセージを送る必要があるので、コンテンツごとにペルソナを明確にしておきましょう。
肌感覚に頼らず、数値をもとに分析していけば自ずとターゲットやペルソナは浮かび上がります。
はじめ難しいと感じるかもしれませんが、まずはできることからはじめて設定者本人が自分の頭で考えることが重要です。
ここまでお話ししてきたことはマーケティングを行う上で非常に大事な項目なので、理解を深めておきましょう。